釣り用語:か行

釣り用語:か行

【カーボンロッド】炭素繊維であるカーボン素材を主原料にした竿
【ガイド】投げ竿やルアーロッドなどリールをセットする竿に就けられているミチイトを通す為の環状パーツ
【回遊魚】シーズンによって生息域を変える魚 ブリやカツオなどが代表
【カウントダウン】ルアーやエギなどの沈下時間をカウントする事によって攻略するレンジを決める事
【カエシ】ハリの先端のハリ先とは逆方向にある尖った1部分の事。
【替えスプール】リールの予備スプールの事。違う太さや種類のイトを巻いておくと色んな状況に対応できる
【カカリ】水中に沈む障害物の事。
【柿の種】体長3~5センチ前後のマブナの当歳魚を指す
【隠れ根】水中の障害物。多くは岩や水草など
【カケアガリ】水底の斜面の事。あらゆる魚が集まりやすいポイント
【掛けバリ】アユの友釣りで野アユを引掛けるためのハリ
【カゴ釣り】オキアミなどのコマセを専用のカゴに詰め遠投して釣る方法
【片テンビン】仕掛けが絡まない様に使うテンビンで腕が1本だけのもの
【空アワセ】アワセが感じられなくてもアワセて見る事
【川虫】川石の裏などに潜む水棲昆虫の事。渓流魚や清流魚の特効エサとして多用される
【ガン玉】割の入った球形のオモリ。
【管理釣り場】一定のエリア内に魚を放流し、有料で釣りが楽しめる場所。通称カンツリ

【ギア比】リールのハンドル1回転あたりのローターの回転数の事
【聞く】微妙なアタリを感じた時に軽くラインを張って様子を見る事
【疑似餌バリ】エサに似せた釣り針の総称
【汽水域】河川の河口部などで淡水と海水が入り交じった水域の事
【キヂ】ミミズの事。川釣りでは万能に使える。
【キャスティング】仕掛けやルアーを投入する事
【キャッチ&リリース】釣った魚を生きたまま逃してやる事
【魚影】そのポイントにいる魚の数
【魚拓】魚が釣れた記念にその姿を紙や布に写し取ったもの

【食い上げ】エサを食った魚が上層に向かって泳ぐこと
【食い渋り】魚の活性が低く、あまりエサを食わない状態
【グラスロッド】グラスファイバー(ガラス繊維)を主原料にした竿

【渓流竿】基本的に渓流のヤマメやイワナを釣るための竿。
【ケーソン】防波堤を構築している巨大なコンクリートブロックの事
【消し込み】ウキが水中に引き込まれるアタリ
【結節力】ライン同士を結び合わせて引っ張った時にどの程度までに耐えられるかという力
【外道】狙っている魚以外の魚の事
【毛バリ】ハリに鳥毛や獣毛を施した疑似餌バリ
【ケン付きハリ】ハリの懐とは反対側に小突起の出ているハリ

【小磯】波静かな磯
【護岸】コンクリートやブロック、石積みなどで川岸や海岸を保護して水害を防ぐこと
【小潮】干満による潮位差が小さい潮の事。
【小突く】竿をしゃっくって着底した仕掛けとエサを上下させて魚を誘う事
【ご当地仕掛け】特定の地域や河川で編み出された仕掛け
【ゴボウ抜き】足元まで寄せてきた魚を玉網などを使わずに水面から抜き上げる事
【コマセ】魚をおびき寄せるための撒き餌
【ゴム管】ウキを差し込んで固定するためのゴム
【五目釣り】魚種を問わずに何種類もの魚を同時に釣る事
【コロガシ釣り】多数の掛けバリをつけた仕掛けで落ちアユを引掛けて釣る事
【ゴロタ場】海岸線に大小不揃いの岩がゴロゴロしているエリア。

釣りブログカテゴリの最新記事