釣り用語:は行

釣り用語:は行

【ハードルアー】木材や金属、プラスティックなどの硬い素材で出来たルアーの総称
【バーブレス】カエシのないハリの事 スレバリ
【パーマ】リールのラインに巻きグセなどで寄れかかっている状態
【場荒れ】釣り人によって魚が乱獲されたり、ゴミによって釣り場が荒れる事
【配合エサ】何種類かのエサを配合して作られたエサ
【バイト】魚がルアーに食いつく事 アタリと同義語
【ハエ根】堤防直下から張り出している岩礁帯
【バカ】ノベ竿にセットした仕掛けで竿の全長よりも長くなっている部分
【爆釣】爆発的に狙いの魚が釣れまくる事
【バケ】ハリに魚皮やスキン・ビニールなどを付けてアミやエビ小魚に見せかけたモノ
【バチ抜け】ゴカイなどの多毛類が産卵の為にいっせいに海面まで浮遊する事
【バックウォーター】ダム湖上流部の流れ込む水とせき止められた水がぶつかる地点
【バックラッシュ】キャスト時にリールのスプールから過剰に意図が出てしまいミチイトが絡み合う事
【バット】竿の根元に近い部分
【発砲ウキ】硬質ウレタン材で形成されたウキ
【波止】関西での防波堤の呼び名。はと。
【ハナカン】アユ釣りの仕掛けに使う囮アユをセットするためのパーツ
【早アワセ】魚のアタリがあったら間髪入れずに合わせる事
【払い出し】
潮が沖に向かって流れている地点
【ばらす】ハリ掛かりした魚に逃げられてしまう事
【ハリス】
ハリが結ばれているイトの事
【ハリ外し】
ハリを魚に飲み込まれてしまった時に使うスティック状のツール
【万能竿】特にターゲットや使い方を限定しない、オモリ負荷や弾力性に幅のある竿

【PEライン】高密度ポリエチレンなどを編みあわせたライン
【ビク】釣った魚を一時的に入れておくための入れ物
【ヒジタタキ】30センチ超のシロギスの事
【ヒネリバリ】腰の部分を曲げたタイプのハリ
【平瀬】水深は浅いが、流れの速い瀬
【ヒロ】両手をいっぱいに広げた長さ。約1.5メートル
【ピンギス】小型のシロギスの事 13センチ以下の個体をさす

【ファーストテーパー】ロッドのテーパーのひとつで、ティップから曲がる先調子の事
【フィッシュイーター】魚食性魚の事。ルアーに掛かりやすい
【フェザーリング】スピニングリールでキャストするとき、ラインの放出を調節する為に人差し指などをスプールの縁に軽く当てる事
【フォーリング】ルアーを水中に落とし込む事
【フカセ】イトが自然な状態で水中を漂っている事
【深ンド】淵やトロ場、河岸のエグレなどの深場を指す呼称
【フサ掛け】何匹ものエサを一つのハリに付ける方法
【フッキング】アワセを入れて、魚の口にフックを掛ける事
【ブッコミ釣り】投げ釣りのテクニックの一つ。仕掛けをサビク事をしないで投げっぱなしにしてアタリを待つ方法
【ブッシュ】葦や樹木が岸辺に生い茂っているところ
【フトコロ】ハリの曲がった部分の内側
【ブラー】アイナメやカサゴ釣りに使う、カラフルなハリ付きのオモリ
【フライフィッシング】毛バリを専門のロッドとラインでキャストして釣る方法
【ブラクリ】赤や蛍光に着色したオモリに極端に短いイトでハリを結んだ仕掛け。
【ブランコウキ】ヘラウキなどでウキのボディと差し込み部分をリリアンで連結してあるウキ
【ブレイクライン】カケアガリを作る等深線の事
【フロロカーボンライン】フッ素と炭素を材料にするライン

【ベイト】ルアーの用語で、魚がエサにする生物の総称
【ベイル】リール構造の一部でラインローラーの先から半円状に伸びる金属環
【ベタ凪】風や波、ウネリがほとんどなく、水面が静かな状態


【ボイル】大型魚が小魚を追って水面が沸き立つ様になっている状態
【ポイント】釣り場全体の事
【棒ウキ】棒状のウキの総称
【ボウズ】魚が1匹も釣れない状態の事
【ポカン釣り】水面にエサを浮かべて釣る方法
【ボケ】車庫に似た小型甲殻類の一種
【穂先】竿の先端部分
【ホソ】支流や用水路などの細い流れの俗称
【細地】軸が細く、軽量のハリ。
【ボッタ】イトミミズの1種で、寒ブナ釣りの特効エサと知られる
【ボトム】水底の事。
【ボトムバンピング】ルアーで水底をたたくようにアクションさせる事
【ポンピング】掛けた魚を手前に寄せる時に使うテクニックのひとつ

釣りブログカテゴリの最新記事