釣り用語:な行

釣り用語:な行

【ナイター】夜釣りの事 夜になると魚が釣れる確率が高まる
【ナイロンライン】素材にナイロンを用いたライン。もっとも多用されている
【中通しオモリ】中心にミチイトを通す為の穴があいているオモリ
【中通し竿】ハゼ釣りやワカサギ釣りに使用する竿の一種 インターラインロッドの総称
【凪】風やうねりがほとんどなく海面が穏やかな状態
【泣き尺】魚のサイズが尺(約30センチ)に満たない事
【投げ竿】仕掛けを遠投する為の竿
【なじむ】仕掛けを投入後、ウキが水面にたった瞬間
【ナス型オモリ】ナスの形の様なオモリ。
【ナチュラルドリフト】エサにテンションをかけずに流す事
【ナツメオモリ】ナツメの形をした中通しオモリの事
【ナブラ】魚食魚に追われて小魚の群れが水面を逃げ惑う状態
【並継ぎ】竿の継ぎ方のひとつ
【ナライ】特定の方向から吹く強風を指す漁師言葉


【縫い刺し】ハリをエサに縫う様に指す事

【根】水底の障害物や水草の事。魚の集まりやすいポイント
【根掛かり】仕掛けが水中の障害物に引っかかってしまう事
【根魚】カサゴやソイ、メバル、アイナメなどの岩礁帯に生息する魚の総称
【根ズレ】ラインが根に擦れて傷つく事
【ネムリバリ】針先が内側を向いている為根掛かりしにくいハ

【納竿】釣りを終える事
【のされる】大物が針掛かりしたときに竿を立てる事が出来ず魚に主導権を握られてること
【野締め】生き締め
【乗っ込み】産卵の為に、特定の魚が大挙して岸辺の浅場に接岸してくる事
【ノット】結び
【ノベ竿】継ぎ目のない竿。ガイドの無い振り出し竿や継ぎ竿
【乗る】魚がエサを口にしてハリ掛かりする事

釣りブログカテゴリの最新記事