リール竿について

NO IMAGE

★代表的なリール竿の種類★
ルアーロッド:ベイドリールをつけるベイドロッドやスピニングリールをつけるスピニングロッドがおススメ
       ルアー釣り以外のえさ釣りにも使えます。長さは1.8m程。
磯竿:投げ竿よりも軽い仕掛けを投げて釣るのに適している。長さは4.3m~5.3m前後が主流
投げ竿:磯竿よりも重い仕掛けを遠くに投げられる。長さは3.0m~4.0mが主流
万能竿:磯竿と投げ竿の中間タイプの竿。長さは3.0m前後。短くコンパクトに収納できるタイプも。
ワカサギ竿:小さなワカサギのアタリもわかるように穂先が柔らかいのが特徴。長さは0.5m~1.2m
フライロッド:フライという軽い毛バリを使うフライフィッシング専用の竿。フライリールをせっとして使用します

★リール竿+リール選びのポイント★
Point①軽くて柔らかめの竿
竿はノベ竿同様、柔らかめのモノがおススメ。長時間の使用を考えて軽いものを選ぼう
Point②トラブルの少ないリールを選ぼう
リールは精密機械。ラインが絡んでしまうなどのトラブルは付き物。初心者はトラブルの少ないスピニングリールなどを選ぼう
Point③長さ3.0m前後が使いやすい
長い竿は広範囲で探れる一方、長すぎると扱いにくくなります。最初の一本目は3.0m前後がおススメ

リール竿編カテゴリの最新記事