ノベ竿について

NO IMAGE

★代表的なノベ竿の種類★
渓流竿:もともとはヤマメなど渓流魚を吊るための竿ですが、川・海釣りどちらでも使える。長さは3.9m~5.3m
清流竿:渓流竿よりも軽く柔らかい。川・海どちらでもマルチに活躍。長さは3.6m~4.5m
万能竿:特に狙う魚を限定しない竿。釣り場を問わず活躍する。長さは3.6m~5.3m
小物竿:マブナ・手長エビなど、小さくて軽いターゲット向き。長さは90cm~2.4m程度でとても軽量
ヘラ竿コイ竿:ヘラブナ・コイを釣るための竿。ヘラ竿は柔らかさ、コイ竿は強さが特徴。長さは3.6m~5.3m

★ノベ竿選びのポイント★
Point①重さ100gまでの軽いものを
長時間釣る事からも持って疲れない重さが重要。100gはひとつの目安
Point②ほどよく柔らかくて粘り強いものを
ある程度魚に引っ張れてもしなって持ちこたえる柔らかさと折られない強さを程よく兼ね備えているものが理想。
Point③長さ4.5m前後が使いやすい
長い竿は広範囲で探れる一方、長すぎると扱いにくくなります。最初の一本目は4.5m前後がおススメ
↓に表として纏めました!是非参考にしてくださいね

長さ その長さで釣りやすい魚
1.8m以下 マブナ・タナゴ・テナカエビなど
2.4m前後 マブナ・オイカワ・鮎など
3.6m前後 オイカワ・ウグイ・鮎・ヘラブナ・ハゼ・ウミタナゴ・メジナ・アジなど
4.5m前後 ニジマス・コイ・ヘラブナ・ウミタナゴ・メジナ・アジなど
5.3m前後 ニジマス・イワナ・ヤマメ・コイ・ヘラブナ・メジナ・アジなど

ノベ竿編カテゴリの最新記事